グリーンスムージーは酵素が破壊されている?

グリーンスムージーは酵素が破壊されている?

野菜や果物の酵素を摂りたいけど、グリーンスムージーにすると酵素が破壊されるのではないかと心配になるかもしれません。でもグリーンスムージーは酵素をとるのに適しています。

 

 

グリーンスムージーは酵素をとるのに適している

野菜や果物の酵素は加熱して60℃以上になると、死んでしまってとることができません。ですので酵素をとるためには、野菜や果物を生で食べる必要があります。

 

野菜や果物をすり潰すと、細胞壁が破壊されるので、酵素を体内に吸収しやすくなります。

 

だからミキサーやブレンダーですり潰して生の野菜や果物を飲むグリーンスムージーば酵素をとるのに適した調理法なのです。

 

 

グリーンスムージーのミキサーの熱に注意

しかし、グリーンスムージーを作るときに、ミキサーやブレンダーにかけると、その機械から発せられる熱で酵素が破壊されることがあります。

 

特にハイパワーのブレンダーやミキサーは熱を生じやすいので、酵素が破壊されやすいです。

 

ですので、ローパワーでブレンダーやミキサーにかけるか、氷や冷水を一緒に入れてからミキサーにかけると、酵素を破壊されにくくすることができます。

 

 

ホットスムージーは酵素がとれない

冬場は身体が冷えるのでスムージーを温めて飲みたいという方もいることでしょう。しかし温め過ぎると酵素が破壊されてしまいます。

 

もし酵素を摂りたいのであれば、体温以上に温めないようにしたほうが良いでしょう。